「てふ ひらり はたり」の世界

最終更新: 5月9日

2020年6月9日(火)〜7月4日(土)

【オノマトペ×テキスタイル×絵本「てふ ひらり はたり」の世界】

スゲノマロ×Akiko.B.Mimura

森の酵母 パン・オ・スリール

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-4-6「ニュー青山ビル1F

TEL/ FAX :03-3406-3636

http://pain-au-sourire.jp


アーティスト・スゲノマロの鮮やかなデザインと、編集者として言葉にこだわり続けてきたAkiko.B.Mimuraが紡ぐ、オノマトペの世界。

2019年2月に発表した絵本「てふ ひらり はたり」の復刻展です。

新しくデザインした限定上製本、絵本のページをプリントしたオリジナルのハンカチ、スゲノマロの手描き磁器、他にも限定グッズをご用意いたします。




※オノマトペ(仏: onomatopée)とは、音を人間の言語で表現した言葉の総称です。擬音語(ワンワン、がたんごとん)・擬態語(にっこり、てきぱき)などに区別されます。

世界各国で表現は多種多様ですが、日本語は、年代を問わず、最も多くのオノマトペが使われる言語のひとつとして知られています。



© 2020 SUGENOMARO